2012年8月アーカイブ

パソコンを起動しても、全く反応のない時があります。

起動してデスクトップが表示された段階で動かなくなってしまう

事も結構ショックですが、全く起動しないと言うのはそれ以上に

動揺するものです。



デスクトップ表示までいってくれていれば、再起動をして何とか

元に戻ると言う事も多いのですが、起動しなければ何の手段も

取れず、パソコンの前でしばらくボーッとしている事しかでき

ない訳です。



そんな時結構忘れてしまうのは、単純な方法として電源プラグを

抜いてみて、そして又コンセントに挿すを数回すると言う事です、

それだけで、結構起動する時が多いものです。



慌てて色々な資料を調べてみたり、メーカーや購入した店に

電話をして質問する前に、とにかく最初に電源を調べてみると

言う事が必要な事かと思います。



どちらにしろ、メーカーや購入した店に電話をしても、まずは

「電源のチェックはお済みですか?」と聞かれる訳ですから、

聞かれてから電源プラグを抜き差しをして、起動してしまったら

ちょっと気まずい感じになりますね。



そんな風に電源プラグの抜き差しをする事だけで、直る事が

多いので、どこに聞いてもまずは「電源プラグは?」と聞か

れる訳です、それだけ電源プラグだけの影響で起動しないと

言う事が多いのでしょう。



簡単な処置やチェックで、パソコン修理に出す事もなくなる訳で

まずは「そんな事当たり前」と思う事から確認する事が大切な

事だと思います、ちょっとパソコン修理をお願いするだけでも、

料金は必ず発生します、まずは自分でチェックできる所は必ず

調べてみると言う事が大事ですね。

ブルーバックエラーのパソコン修理

ブルーバックエラーはパソコン利用者であれば何度か経験されたことがある方も多いのではないでしょうか。これは、ブルースクリーンに英語で表記されることが多く、専門性のある単語も多く表示されるために、初心者の方や知識が浅い方ですとエラーの内容を理解するのにも一苦労するものであります。

また、こうしたブルーバックによるエラーが表示された際は、ハードウェアにおける故障も考えられますし、ソフトウェアにおける故障も考えられるため、専門の知識や経験がある方でもパソコン修理に時間を要するということもあるようです。

もし、こうした画面が現れるようになったら、原因が特定できない間は、無理に動かそうとしたり、何度も電源を入れたり切ったりするのは避けるようにした方がよいと言われております。

下手に操作などを続けてしまいますと、さらに状況を悪化させてしまうということもありますし、最悪の場合は大切なデータを破損させてしまうということにもなる可能性があります。

仮に自力での原因の調査が不可能であると判断した場合は、すぐに専門の修理サービスを提供している業者さんにご依頼されることが重要なポイントになってくると思います。

私がこうしたサービスを利用するメリットとして考えているのは、ハードウェア系の故障で万が一パソコンの起動が不可能になってしまっても、データを復旧してくれるというサポートが付いているからであります。

もしパソコンでお困り事などがありましたら、一度ご相談されてみるのも良いのではないでしょうか。

夏のパソコンにご注意を

夏は本当にトラブルが多いですよね。

かくいう私も二回、夏場にパソコンが壊れました。

二回とも原因はマザーボードでした。年数からいえば寿命ですが、やはり夏場に止めを刺されたことは否めません。

これから夏を乗り切るための対処法を紹介しますね。



○ノートパソコンの場合

ノートパソコンは中に空間がないため、デスクトップパソコンよりも本体が熱く感じます。ひざの上に載せて耐えられる熱さであれば、設計の許容内という話を聞きました。でもやっぱりパソコンによくないのに変わりはないし、心配ですよね。

そういう時はパソコンの両端に何か足になるようなものを置いて、パソコンと底とテーブルの間に隙間を作って熱を逃がしてやるといいそうです。100円ショップにはシールのついた振動防止用の高さのあるゴムパッドが売っていますので、そういうのを利用するのもいいです。とにかく隙間を作って風通しをよくすることが大事です。



○ディスクトップの場合

ディスクトップは本体の中に隙間があるのでノートパソコンほど熱くはなりませんが、ファンの音がうるさくなったら要注意です。

私はCPUの内部温度を測ってくれるソフトを常駐させて、ファンがうるさくなったらいつも温度を確認します。54度を超えると注意マークが表示されます。



そんなときはどうするか?



パソコンをやめるか、エアコンを入れますね。

やはり室内温度を下げる以外対処はないようです。



あとパソコンの中を掃除することも大事です。

誇りがたまっていると熱が逃げていきにくくなります。

ふたを開けて、そっと掃除機で吸い取って上げましょう。



いかがですか?

パソコンは本当に暑さに弱いので、こまめな温度チェックと正しい対処法で、この猛暑を乗り切りましょう!

パソコン修理の実態リンク2

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。